top of page

ソジテツ®ファシリテーター紹介⑤:てらしー

ソジテツ開発者でインストラクターのおおばやしが、主観でファシリテーターの方を紹介させていただきます。


第5弾は、2期参加の「てらしー」(寺島義智さん)。


◆ステータス:プラクティショナー

◆キャッチコピー:『空気のようなファシリテーター



ファシリテーター:てらしー(寺島義智)さん

てらしーは、文字通り「空気のような」プレゼンスで場を促してくれる方です。長らくプロとして様々なコンテンツのファシリテーションを担っており、ご自身もボディワークを

主催されたりしていますが、共通して言えるのは「あくまで参加者のために、存在感を極限まで透明にできる」ということです。


ワークショップをファシリしたい、という場合、場を促すファシリテーターの意思や個性が色濃く出る場合も多いのですが、てらしーは「ステルス…?」と思うくらい、意識してエアリーになることで、参加者がより自分らしくいられるとか、表現できる、楽しめる場づくりに寄与しています。これはファシリテーターとしてとても稀有な個性です。


かといって、ご本人に熱がないかというと決してそうではなく、お話をお聞きすると、目指したいもの、理想的な状態があって、哲学や熱意、思いを感じられるお人柄でもあります。エアリーでありながら流されない、絶妙なバランスといえばよいでしょうか…。難しい場をお願いすることもできる、頼りになる仲間です。そして、仲間内だからこそ、練習などで、てらしーが参加者側として「自分らしい色」をにじませながら対話に参加するのを見ることができることが、個人的に楽しみでもあります。


てらしー、これからもどうぞよろしくお願い致します。




※projectテツラボでは、第一段階として、現在ファシリテーター候補生(プラクティショナー)は、40名のみの育成を目指しています。

ご興味のある方は「ファシリテーター養成講座」ページをご覧ください。


#ソジテツ®ファシリテーター紹介⑤:てらしー


Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page