top of page

開催報告:ソジテツを米サンダーバード国際経営大学院の学生グループに体験いただきました

こんにちは。ソジテツ広報ピョエ坊です。心躍る開催報告をお伝えします。


ソジテツ®オリジナル版の対話を、アメリカ・アリゾナ州フェニックスにあるサンダーバード国際経営大学院(Thunderbird School of Global Management)の、学生グループ(LGBT-Bird)に体験いただきました。



Thunderbird School of Global Management

サンダーバードはアメリカでもっとも歴史の古く実績がある、社会課題解決のためのビジネススクールです。世界中から多様・多文化な学生が集まり、世界でも最高水準の教育を提供する教育機関として認められています。



ソジテツatサンダーバード国際経営大学院
こんな感じで実施されたそう

ソジテツのプラクティショナーである「ゆーくす(Yuuki Sasao-Ruefさん」が、ファシリテータ養成講座を受けてから学業のため渡米し、「ソジテツをサンダーバードでグローバルな学生相手にやってみたい!」と相談くださったところから、この初のグローバル企画がはじまりました。



ソジテツatサンダーバード国際経営大学院
説明中の方がゆーくすです。笑顔が頼もしいです

ソジテツは現在、スライドでの説明が特殊なため、多言語化にあたって課題もあったのですが、アメリカ、ベトナム、台湾、中国、日本出身の学生さんたちとの対話体験を終えて、ゆーくすは「結果、大満足です!」とのメッセージを送ってくれました。



「全体で14名の参加でした。最初は緊張気味でスタートして、最後はみんなハグしたりずっと雑談が止まらなかったりと、アメリカでもソジテツの効果はばっちりそのままでした★」

「終わった後の効果は日本と一緒で、国籍・年代・立場関係なく仲良くなれる」



とても盛り上がり、すでに次回以降の開催も決定しているそうです。さすが!



「ふつう・当たり前と向き合い、自分の”これでいいんだ”をみつける」ソジテツは、まず自分を知って、自分を大事にしよう、そして人のことも知って、大事にしていこう、〇〇してはいけない、ではなくて、どうしたいか、未来・解決志向で足元からダイバーシティを広げていこう…という切実な思いで作られています。


国籍関係年令などなく、この哲学が伝わること、あたたかい対話の場で、人をエンパワーできることに気づかされました。そしてソジテツはあくまでツールですので、熱意をもって開催・ファシリテーションをしてくれたゆーくすのおかげです、ありがとうございます!



ソジテツatサンダーバード国際経営大学院
素敵な笑顔…!(開発者はこの写真を見ながら泣いていました)


ソジテツのカードセットは、日本語/英語もしくは2言語でのワークショップに対応しています。今回スライド等も英語で準備してくれたおかげで、いつでもグローバル実施ウェルカム!です。ご興味のある団体の方、お声がけください。





・関連イベント



↑はオンライン企画です。

TRP(東京レインボープライド)を(勝手に)応援する対面ソジテツワークショップ、今年も開催します。4月末~5月上旬予定です。続報をお待ちください。




#開催報告:ソジテツを米サンダーバード国際経営大学院の学生グループに体験いただきました

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page