1/22(金)哲対話開催します

「自分の”これでいいんだ”をみつける」ための

エンパワリングな哲学対話をオンライン体験してみませんか。


1/22のテーマカテゴリーは

「ふつう・当たり前」+「言葉・コミュニケーション・人間関係」です

また「初回の方歓迎」(ルール説明しっかり)になります

ファシリテーター:おおばやしあや


https://tetsulab0113.peatix.com/view


いま、「ふつう」「当たり前」に、正体不明の息苦しさを感じていませんか?

あれっ、おかしいな、本当にそれでいいの?と思っていることをそのままにして、なんとなくストレスを感じ続けていませんか?とくにコロナ禍となり、人と対面で話せない、ネットをみれば偏っている情報が入ってくる中で、

「私が考えていることっておかしいのかな…」と人と比べて苦しくなることがあったり、

正体のわからない不安や、これでいいんだろうか…という孤独感は多くの人が感じていることかと思います。


テツラボのリーダーであり、ウェルビーイングのための創造的コミュニケーションを研究・提供しているおおばやしあやは2020年、

自分の”これでいいんだ”をみつける』ためのエンパワリング(勇気づける)な哲学対話メソッド『哲(テツ)』を開発しました。一般的な哲学対話と「哲」の違いは、

自分の”これでいいいんだ”をみつける…「あくまで自分の価値観に向き合う」ということ。

判断されず聞いてもらえる安全な場で、対話を通して他の人からヒントのようにインスピレーションを得ながら、

自分が実は大切にしている考えに気づいたり、思い込みのカラをやぶること、

あるいはこのままで良いと自分で決めること、しばらく悩み続けよう…ということを、自然に促します。ラボの主催者も、同じように、答えのないことに悩んで、不安になってりしている人間です。


比べられたり、ジャッジされたりしない空間で、互いに、自分の考えや価値観に気づいていきませんか?

より自然体に生きていくために、対話の力を使って、一緒に思考の棚卸をしていきませんか?ふつう、当たり前、自然体、自分の価値観、哲学 そんなキーワードに惹かれる方は、

ぜひ一度体験なさってみてください。安心と楽しさ保証です。


お申込みはこちらから

https://tetsulab0113.peatix.com/view

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

メディア掲載

ダイバーシティにする記事やイベントで実績あるMASHING UPさんにソジテツ、テツラボリーダーおおばやしの記事を掲載いただきました。MASHING UPさん、記者の中村さん、とりあげてくださって、ありがとうございます。 前編 https://www.mashingup.jp/2020/07/sogitetsu.html 後編 https://www.mashingup.jp/2020/07/so

 
  • Facebook

©2020 by テツラボ。テツラボは(一社)ウェルビーイングコミュニケーションラボラトリー(WBCLabo)により運営されています